まとめて注文すると記念品の料金がお得に!

記念品の注文をできるだけ低価格で収めたい。まとめての注文で安くなる!? - まとめて注文すると記念品の料金がお得に!

まとめて注文すると記念品の料金がお得に!

学校では、そろそろ卒業にまつわる本格的な準備がはじまりますね。
卒業を迎える子供も大変ですが、送り出す学校側や保護者側も
だんだん忙しくなってきます。
卒業証書も大人になってみると感慨深いものがありますが、当時は
それよりも、副賞的にもらえる記念品に関心が高かったように思います。
皆さんの卒業記念品、どんなモノだったか、覚えていますか?

昔から不変の印鑑

ちなみに、私の高校時代の卒業記念品は印鑑(認印)でした。
なんだかダサイなとその時は思ったものでした。
学校や保護者会からのプレゼントなので、オシャレなものは
期待していませんでしたが、もう少し使えるモノを貰えるだろうと
思っていたので、がっかりしたのを覚えています。
とりあえず捨てるわけにもいかず、机の引き出しに
しまい込んでいました。
ところがすぐに、印鑑は実用的だということが分かります。
アルバイトをするために履歴書に押印したり、お給料を
受け取る時の受領印など、かなり活躍しました。
確かに即戦力だったと納得したものです。

最近の傾向は?

最近の卒業記念品事情はどうなっているのかと
調べてみると、やはり印鑑は鉄板なアイテムのようです。
高級なボールペンやデジタル目覚まし時計といったモノも
根強い人気なようですね。
kfyukyf
時代を反映してか、万年筆は減って、その分キーホルダー型の
USBメモリなどの記憶メディアに人気があるそうです。
確かに万年筆を使う機会はめっきり減って、その分パソコンなどを
使うことが増えていますから、当然と言えるかもしれませんね。

中学校卒業時は?

中学校卒業の記念品は、電子手帳やデジタルフォトフレームなどが
人気のようです。
今の子供は、分厚い辞書を使わないんですよね。
ひと昔前は重たい荷物扱いだった辞書は、今や軽量コンパクトに
なって、学校や塾にかなり身軽に移動できます。
発売当初と比べて、今の電子辞書は収録語数も飛躍的に増えて
進化しているので、成人した後でも、長く使えそうです。

小学校卒業は文具が中心

小学生の場合は、機能的でオシャレ(というより大人の目から見ると
ポップな感じ)な文具が人気のようです。
書き味の良いシャープペンシルや文字が簡単に消せるペンといった
高機能の筆記用具が特に人気とか。
確かに小学校高学年から中学生の頃って、筆記用具にこだわっていた
ように思います。
ボールペンやシャープペンシルの替え芯も銘柄指定して、それ以外は
使わなかった覚えがあります。
ハイテク化しつつも、定番商品というのは、やはり間違いないようですね。

卒園時は思い出の品や名入れ文具

幼稚園や保育園を卒業する時は、顔写真をプリント加工したマグカップなどに
人気があります。
また「書きかた鉛筆」も実用性が高いせいか、根強い人気があります。
小学校に入学する時は、持ち物に名前を書かなければなりません。
鉛筆も1本1本、名前を入れなければいけません。
確かに幼稚園や保育園も名入れは必要でしたが、布製品が多く点数も
(小学校と比べれば)少ないので、楽な方でした。
最初から名入れした文具を貰えると、保護者はとても助かりますね。
ただし、キャラクター文具の使用を禁ずる学校もあるので、無難な
デザインの文具にした方がよさそうですね。

最後に、バランスを考えよう

以上、参考になりましたでしょうか?
自分が子供の頃とあまり変わっていないと安心されたでしょうか。
あとは、肝心な予算ですね。
注文数が多ければ、当然その分だけ割安になります。
最近はネット通販などでも専門サイトが数多く開設されていたりします
ので、比較検討してみてください。
せっかくの贈り物なので、子供がきちんと使ってくれるモノを選びたいもの。
実用的で、なるべくオシャレで、名入れなどのオリジナル感があって・・・。
条件を挙げればキリがありません。
こだわりが強ければ、値段も高くなります。
また、記念品以外にもお金はかかりますので、予算配分はとても重要。
何より、使うのは子供たちですから、高級すぎない「分相応」が大切です。
高級品は就職や結婚など、次のステージの贈り物にとっておくべきでしょう。
人生の節目に贈られる品は、大人になっても意外と覚えているものです。
なるべくまとめて注文して、安すぎず、高すぎず、記憶に残る品を選びたいものです。

Copyright(C)2015 まとめて注文すると記念品の料金がお得に! All Rights Reserved.